瞳にうれしいトピックス

充血と疲れ目の関係

パソコンでの作業や携帯電話のメールなどで、毎日、長時間酷使されているあなたの目は、疲れて充血していませんか?目に疲れを感じたとき、なぜ充血はおこるのでしょうか?

人間の目は水晶体と毛様体筋の働きによって、
色々な距離のものにピントを合わせることが出来ます。

眼球断面図

強膜角膜水晶体毛様体筋

近くのものを見ると毛様体筋が収縮し、それにより目の中の水晶体が膨らんでピントが調節されます。
毛様体筋がピントを合わせるための力を全く使っていないとき、目は最も遠くにピントが合った状態になっています。

遠方視時近方視時

目を使いすぎると、目のピント調整をする毛様体筋が酷使され、
その結果、結膜の毛細血管が拡張し充血が起こります。

通常時充血した状態

疲れ目

疲れ目は、医学的には「眼精疲労」といわれます。
目のかすみ、痛み、乾き、充血、涙が出る、まぶしくて目があけていられなくなる等の症状があらわれます。 これらの眼科的な症状に加えて、頭痛、肩こり、吐き気などの全身的な症状が起こることもあります。 眼の疲れの原因としては以下のようなものが考えられます。

目に異常がある場合

ドライアイ、目の調節機能の衰弱、近視、遠視、乱視、老眼、外斜視、緑内障など

全身の異常による場合

ストレス、過労、睡眠不足、高血圧、低血圧、貧血、糖尿病、胃腸疾患など

その他

メガネやコンタクトが合っていない場合、パソコンでの作業や長時間の運転などで目を酷使した場合など「眼の疲れかな?」と思われる症状でも、重い場合やあまり長く続くようなら、眼科医を受診するようにしましょう。

PAGE TOP